Drかなの健康講座

ー長津田道場ー

講演、指導者紹介 ドクターかな

二十歳頃、頭痛、めまい、腰痛、朝起きられない、授業で長い時間座っていられないなどの症状があり、病院で採血、CTなどの検査をしても異常なしと言われました。そのとき、構造医学に出会い、姿勢を正すこと、歩くことという人間として当たり前の行動を心掛け実践していくことで、ほとんどのの症状を克服できました。その後病院勤務で同じような症状で困っている方と多く出会い、構造医学の知識を活かしながら内科医として勤務してきました。また、長男が重度のアトピー、食物マルチアレルギーであったため、食事、水、生活環境にも注目するようになりました。次男出産後からは一人一人の方とじっくり時間をとって向き合いたいと、現在の健康相談所を開設しました。本講座では、講習会及び実指導を通じて、構造医学の立場から、歩行の大切さ、動物として何が人間には必要かなどを伝えています。

菅沼加奈子

菅沼加奈子先生のホームページはこちらから ⇒ 歩 健康相談所


講習会 骨格編 「健康な骨格をつくりましょう」

正しい姿勢、正しい歩行ができないため、腰痛、頭痛、肩こり、めまい、手足のしびれ、集中が続きにくい、長時間立っている/座っていることが困難、バランス感覚が悪いなどで困っている方が増えています。本講座では、そういった方々を対象に生活の中で改善していくヒントをお伝えします!
また、そういった症状で困らない体作りのできる子育て方法をアドバイスします。






講習会 体内環境編 「健康な体内環境(血液、リンパ、ホルモン、免疫)をつくりましょう」

アトピーや食物アレルギー、中耳炎喘息、花粉症、冷え症、発達障害など、昔にはあまり見かけなった病気の方が増えています。本講座では、そういった方々へ、食事や生活にまつわるアドバスをします!


講習会 実践編 「正しい姿勢、正しい歩行の直接指導会」

定員10名で直接指導します。
お子さまのご指導の場合、保護者様付き添いで参加できます。
注意:骨格編「健康な骨格をつくりましょう」の事前受講を必須とします。

   
~歩行~
      正しい歩き方
       ・靴の選び方、履き方 ・呼吸の仕方 ・手の振り方
       ・上半身の使い方(目線) ・足の出し方 ・歩行の速さ
       ・歩行時間 ・歩行後の注意

~姿勢~

①立っているとき

・どこに力を入れるか ・目線

②座っているとき

・イスの選び方 ・足のつき方  ・どこに力を入れるか

・手の置き方 ・立ち上がり方 ・良い姿勢を継続させるための簡易体操

・肩凝り防止の簡易体操